Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY Blog

京都・御所南 一晴画廊(企画) 展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

未来の櫻谷、桃村さんと授業/京都市立銅駱駝美術工芸高校様と「木島桃村展」


本日、京都市立銅駝美術工芸高校の日本画科2年生の皆様が、画廊で体験授業をされました。
簡単な鑑賞のための知識を学ばれた後、木島温夫様から櫻谷「一夜の夢」にまつわる話をお聞きになりました。
その後、実習として、写生帖と草稿などを実際に扱っていただきました。
皆さん緊張した面持ちで、丁寧に写生帖の薄い紙をめくりながら、真剣に鑑賞されていました。
「さすが日本画科さん!」と感じたのは、生徒さんたちから自発的に「人体が描かれている写生帖はありますか?」「花が多いものはありますか?」とリクエストがあったこと。
皆さん、ただ受け身で与えられたもので満足するのではなく、自分の学びたいことをしっかりと持って、限られた時間を少しでも有効に使おうとされていらっしゃることに感動しました!
この中から、未来の櫻谷さん、桃村さんのような素晴らしい絵描きさんが育ってくれますように、心から願っています。
 
日本画家木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」
一晴画廊
2014年5月3日(土)〜5月25日(日)
12時〜18時(日・祝祭日は17時まで)
毎月曜休廊
〒604-0951京都市中京区晴明町660(二条通富小路西南側)075-212-3484 080-5714-3753 info@ichiharugallery.com http://ichiharugallery.com/
img035
写生帖の表紙と背表紙の画像。背表紙にも絵が描いてあるものがあるので、皆さん本を持つ時にも、なるべく絵にふれないように、気遣って下さいました。