読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY art director Marisa Miya Blog

京都の御所南の町家で画廊を営む一晴画廊(いちはるがろう・企画)アート・ディレクターでありアーティストの宮毬紗のブログです。展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

皆様に教えを乞いつつ…/「日本画家木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」


桃村さんのお陰でしょうか…
毎日、素晴らしいお客様がいらしてくださり、日本画のこと、京都の芸術のこと、作品保存のことで多くの教えを受け、大変に勉強になっています。
日々、自分の無知を知りつつ、それを許して下さり教えを与えて下さる皆様のあたたかいお心を励みに、緊張しながらも展覧会を開催しています。
出会う方すべてが尊い先生です。
私は京都市立銅駝美術工芸高校の日本画を中退してのちは、大人になってから京都造形芸術大学通信制芸術学部を出ているだけなので、短いスクーリングでしか授業を受けることはありませんでした。
それを寂しく思っていましたが…
画廊をしていると、様々な専門の先生(先生という職業ではなくても)が、本当に心を込めて貴重な経験談などをお伝えくださいます。
こんな幸せなことはないと感謝ばかりです。
「もっと学びたい」と夢を抱いていましたが、思わぬカタチで叶いました。
この幸せを胸に、明日もがんばります!

日本画家木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」
一晴画廊
2014年5月3日(土)〜5月25日(日)
12時〜18時(日・祝祭日は17時まで)
毎月曜休廊
〒604-0951京都市中京区晴明町660(二条通富小路西南側)075-212-3484 080-5714-3753 info@ichiharugallery.com http://ichiharugallery.com/
DSC_0014
 前庭からの玄関間の眺め。木島桃村<秋圃>明治33年を展示しています。