読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY art director Marisa Miya Blog

京都の御所南の町家で画廊を営む一晴画廊(いちはるがろう・企画)アート・ディレクターでありアーティストの宮毬紗のブログです。展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

兄弟の願いを胸に…/「日本画家木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」


いよいよ明後日から「木島桃村展」が始まります。
もう何日も前から、深夜まで展覧会順備にかかりきりです。
私の頭も心も、今は桃谷さんでいっぱいです!
じつはここ数日間、強いプレッシャーに襲われていました。
「私の力で、どこまで桃村さんの良さを伝えられるのだろう…」
「協力して下さった方の気持ちに、ちゃんとお応えできるだろうか?」
ご協力下さった皆様のあたたかい気持ちに感動して、ここまで精一杯やってきました。
だからこそ、「もっとやれることがあるのに」と、自分の力の無さに悔しい思いもたくさんありました。
桃谷さんの絵に接する機会が増え、木島さんから頂戴した素晴らしい研究成果のファイルを読む度に、
「せっかくの大切な桃村さんの初個展、私なんかがプロデュースさせて頂いていいのだろうか?」
と、申し訳ない思いでいっぱいになりました。
嘉一朗さん、櫻谷さん、桃谷さん、この展覧会に時代を越えた夢を託して下さるすべての方が大好きになったからこそ、なんとしてでも良い展覧会にしなければと思いました。
でも力み過ぎはよくありませんね・笑
そんな中でも、心から励まして下さる方に恵まれ、ここまで展覧会の順備は滞りなく進んできました。
本当にありがとうございます。
この展覧会は皆様の大きな力に守られて、少しずつ完成を迎えています。
しかも、神様からのプレゼントのような奇跡が次々と起こり続け、私の力以上の展覧会になりそうです。
皆様、そして天から見守って下さっている嘉一朗さん、櫻谷さん、桃村さん、すべての方へ感謝を捧げます。
明日も精一杯がんばります!

「木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」
一晴画廊
2014年5月3日(土)〜5月25日(日)
12時〜18時(日・祝祭日は17時まで)
毎月曜休廊
〒604-0951京都市中京区晴明町660(二条通富小路西南側)075-212-3484 080-5714-3753 info@ichiharugallery.com http://ichiharugallery.com/

img031
 明治32年 木島桃村 写生帖より