Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY art director Marisa Miya Blog

京都の御所南の町家で画廊を営む一晴画廊(いちはるがろう・企画)アート・ディレクターでありアーティストの宮毬紗のブログです。展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

櫻谷文庫さんへお伺いしました/「木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」


昨日、明治から大正の京都画壇を代表する日本画家・木島櫻谷さんの曾孫にあたられる門田理様が代表理事を務められる「櫻谷文庫櫻谷文庫・洋館 - 公益財団法人 櫻谷文庫」さんへお伺いしました。
京都の等持院の閑静な住宅街のなか、大変に瀟洒な建物が見えてきます。
今回の桃村展について、門田様へご協力をお願いいたしました。
快くお引き受け下さいまして、ありがとうございました!
私の家から、曾祖父の妹である「名和野はな」が、櫻谷、桃村の兄・嘉一朗に嫁いでいます。
ご訪問させていただく前から「ほぼ100年ぶりの親戚との対面!」とドキドキ楽しみにしておりました。
実際に、お会いした門田様は、どこか櫻谷さんの雰囲気そのままで…「こんなに素敵な方が館長をされていらっしゃるとは!」と感動しました!
奥様の節様も、丁寧に櫻谷さんや桃村さんに関することをお伝え下さり、館内をご案内下さる時も、細やかにお気遣い下さって…次第に緊張もほぐれ、「ああ、ここに櫻谷さんがいたのだ!」と深い感動が胸に広がり…感謝と感激のひとときでした!
ご夫妻のお話が本当に面白く、興味深いことばかりで、あっという間に時間が過ぎました。
つい長居をしてしまいました…。
まだまだ皆様にお伝えしたいことがあります。
これから少しずつ書いていきたいと思います。

「木島櫻谷 夭折の弟 木島桃村展」
一晴画廊
2014年5月3日(土)〜5月25日(日)
12時〜18時(日・祝祭日は17時まで)
毎月曜休廊
〒604-0951京都市中京区晴明町660(二条通富小路西南側)075-212-3484 080-5714-3753 info@ichiharugallery.com http://ichiharugallery.com/ 

DSC_0009
  櫻谷文庫にて ご夫妻の背景は木島櫻谷の作品です