Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY art director Marisa Miya Blog

京都の御所南の町家で画廊を営む一晴画廊(いちはるがろう・企画)アート・ディレクターでありアーティストの宮毬紗のブログです。展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

「描く・育む・私の手」展オープン


牧﨑敦子・山名しおり・宮毬紗による日本画展を開催しています。
3人ともに、画家と母親を両立すべく日々懸命に生きている現在を、作品展示というカタチで表現しました。

「描く・育む・私の手」展
牧﨑敦子 山名しおり

日本画

Hands that bring up children, hands that create art .

Atsuko Makizaki  Shiori Yamana

Japanese style painting

8 April(Tue) – 20 April(Sun) 2014


特に、山名しおり先生には「ぜひ、ここでしか展示出来ないものを!」をいう無理なリクエストを叶えていただき、素晴らしい作品を展示いただきました。
ありがとうございます。

牧﨑敦子先生には、埼玉県から50号スクエアサイズの大作をお送りいただき、見応えのある空間に仕上げていただきました。
大変なご協力をいただき、心から感謝しています。

そして後回しにしていた(笑)私の作品も昨日仕上がり、無事に展示しました。
描き続ける未来に願いを込めて、扉の絵を描きました。

画廊を始めて、まだ3ヶ月ほどにしかなりません。
けれども、多くの方に支えていただき、惜しみない応援をいただき、今回も素敵な展覧会が出来上がりました。
この家を建てた曾祖父は仕事で大きな成功を納めましたが、常に「人は宝」という精神のもと、どのような立場の方にも、いつも心を配っていたと聞きます。
私もいま、「人こそ何よりの宝」と深く実感しています。
DSC_0012
      宮毬紗「NEXT」 SOLD OUT