読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY art director Marisa Miya Blog

京都の御所南の町家で画廊を営む一晴画廊(いちはるがろう・企画)アート・ディレクターでありアーティストの宮毬紗のブログです。展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

雑誌取材いただきました/「京・古今の彩」展

昨日、雑誌の取材を受けました。

画廊の中庭、床の間、展示作品などの写真を撮影いただきました。

モニターで撮影した画像を覗かせていただいたら…

「別世界みたい!」

本当に美しい世界が写っていました。

ちょうど雨上がりの中庭の奥の、緑が茂る場所に、晴れた空から光が射し込んでいました。

京都の町家の陰影の美しさ、障子の白と木の深い色、住んでから感じた「京都の住まいの美しさ」が、より洗練された表情で写っていました。

すべては、いろんな方のお力により、この家を保存でき、画廊として運営させていただいているお陰です。

多くの方の真心が集まった結果だと、深く感謝しています。

 

「京・古今の彩」展
蔵田和枝、斉藤和、椹木佐和、利根和也、中村槙吾、山名しおり。吉田書皮店など、現代作家の日本画、立体作品等を展示いたします。
第二期より、大正の京の街中に生まれ、京都を撮影し続けた写真家・荒井保男先生による「吾が街3キロの佇まい」も同時開催いたします。
第一期(小スペースのみ):6月28日(土)〜7月6日(日)
第二期:7月9日(水)〜27日(日)
    特別展示:写真家荒井保男「吾が街3キロの佇まい」より
12時〜18時(日曜17時まで)
休廊:7月1日(火)、18日(金)、19( 土)、25日(金 ) 
お問い合わせ:080-5714-3753
京都市中京区晴明町660(二条通富小路西入る南側)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

 

f:id:ichiharugallery:20140721122949j:plain

斉藤和先生の団扇の原画です。一晴画廊で、限定販売を予定いたしております。