Kyoto 一晴画廊 ICHIHARU GALLERY Blog

京都・御所南 一晴画廊(企画) 展覧会、国内外で活躍するアーティストの作品情報などをお届けしています。 〒604−0951京都市中京区晴明町660(二条通り富小路西入る南側) 075−212−3484 080-5714-3753   info@ichiharugallery.com   http://ichiharugallery.com

明日が見える写真/「京・古今の彩」展

ただいま、二条通りに面した店の間で、荒井保男先生の写真を展示しています。

すべて京都の街中で撮影された写真。

ご近所のお客様がいらして「ここは〜やなぁ」「そや、角のとこや」と、弾んだ声が聞こえます。

ここ晴明町でも、古い町家はもう数件になってしまいました。

画廊の奥の間に入られると、「同じ造りやわ」「うちもこんなんやった」と、昔を懐かしんで下さる方が多いです。

荒井先生の写真には、古き良き京都と、未来の京都が写っています。

撮影者の生き方がそのまま写るのかもしれません。

写真のなかには、京都の明日が見えるように感じます。明日が待っているような、希望に満ちた写真です。

「古い家を残すのは大変でしょう」と労って下さる皆様に励まされながら、この町家が未来の京都にどのように映えていくのか、楽しみな毎日です。

 

「京・古今の彩」展

蔵田和枝、斉藤和、椹木佐和、利根和也、中村槙吾、山名しおり。吉田書皮店など、現代作家の日本画、立体作品等を展示いたします。

第二期より、大正の京の街中に生まれ、京都を撮影し続けた写真家・荒井保男先生による「吾が街3キロの佇まい」も同時開催いたします。

第一期(小スペースのみ):6月28日(土)〜7月6日(日)

第二期:7月9日(水)〜27日(日)

    特別展示:写真家荒井保男「吾が街3キロの佇まい」より

12時〜18時(日曜17時まで)

休廊:7月1日(火)、18日(金)、19( 土)、25日(金 ) 

お問い合わせ:080-5714-3753

京都市中京区晴明町660(二条通富小路西入る南側)

ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

 f:id:ichiharugallery:20140716012414j:plain

荒井保男 「吾が街3キロの佇まい」より